常勤で働くのは就職する人の多くが望むことであり、看護師の場合にも例外ではありません。まずは常勤で雇用してもらうことを考えて就職活動をするでしょう。

しかし、看護師の場合には他の勤務スタイルも考慮する価値があります。パートやアルバイトの需要が高くて獲得が容易であるだけでなく、時給も高いので稼ぐことも容易です。また、派遣社員として働くのは一般には仕事があまり安定しなくて収入を継続して得られるかが不安になりがちですが、需要が高いことから仕事の獲得に困ることはまずないでしょう。契約社員の需要も高く、ある程度の経験がある人なら自分で働く期間を交渉して契約社員として働くことも可能です。様々な勤務スタイルで働きやすい状況があるため、自分の価値観から判断してより良い勤務スタイルを選ぶと人生を謳歌できます。

他人と同じようにしようと考えることが多いため常勤を選んでしまいがちですが、価値観の違いを重視すると他の方が優れていると感じることもあるはずです。自由に仕事を選んで予定を組むことができる派遣社員になったり、気軽に仕事を始められるパートを選んだりするのは生活重視の人にとってメリットが大きいでしょう。能力を生かして自分が働きたいように働こうと考えたら契約社員も有力候補になるはずです。仕事に対する価値観は人によって違いがあって当然であり、周囲に合わせる必要はありません。自分にとって最適な勤務スタイルを選びましょう。