看護の仕事に携わろうと考えて看護師の資格を取得すると、大半の人が病院で働くことを目指しているのが現状です。人によってはクリニックや介護施設などを目指したり、企業に就職するのを選んだりする場合もあります。しかし、医療現場で患者のサポートをするのが花形だという考え方が看護学校でも強いことが多いのが事実であり、その考え方がだんだんと身にしみてきてしまって病院を目指す傾向が強まっているのです。ただ、誰もが同じ病院を目指すというわけではありません。大きな総合病院や大学病院に就職したいと考える人が大半を占めていて、就職や転職でも高い人気があるのは確かでしょう。しかし、実際には看護の仕事に対する価値観の違いがあるため、必ずしも大きな病院でキャリアをつけることを第一と考える人ばかりではないのです。

確かに大きな病院に勤めると教育もしっかりとしていて、充実した設備を使って看護を学べるメリットがあり、キャリアアップをしたいときには支援制度も確立されている場合がほとんどでしょう。一方、中小の病院ではアットホームな雰囲気の職場が増えているため、技術を磨こうと肩肘をはらずに働けるという魅力があります。

看護師として働くことに対してどのような価値観を抱いているかによって中小の病院を選ぶことも珍しくありません。大病院が目指されているという潮流に流されてしまっているために大病院を選び、後に中小の病院に転職する看護師も少なくないのはこれが理由なのです。