看護師として働く際に、一般的には医療業界が選ばれることが多く、まずは病院勤務をしようと考える人が多いでしょう。医療に携わるのは看護の仕事として花形だという認識が広まっていることに加えて、給料面でも他の業界に比べて水準が高く、スキルを磨くのにも適しているというのが主な理由でしょう。看護師になって稼ぎたいという人も、スキルアップを目指して将来に備えたいという人も、病院勤務を選ぶことが適切だというのは確かです。

しかし、価値観の違いから病院で働くのを選ばない人もいます。介護職も看護師の活躍が渇望されている職種ですが、給料の水準も低く、現場経験を生かしてキャリアアップを行っていくのも一般には難しいとされているでしょう。しかし、あえてその道を選ぶ人も着実に増えてきました。その主な考え方は社会貢献の形を考えて理想的だというものです。価値観として看護の担い手としてどのように社会貢献をしていくかと考えると、必ずしも医療が最適だとは限らないでしょう。

介護もまた社会的に求められているものであり、担い手が少ないことからより大きな貢献ができると期待できます。そのように考えて介護職を選ぶ人が多くなったことに加えて、その認識を持って介護職に転職する人も増えてきました。医療業界で働いてきた経験を生かせるのが介護職の特徴であり、それまでの経験を生かして社会貢献をしようという発想で転職している人が多いようです。