看護師が持つ価値観は、人それぞれに異なるものですので、一概に良し悪しを決められるものではありません。一人一人に異なるものであることが当然といえるのかもしれません。
凝り固まった思想や考え方に支配されることの方が、マイナスといえるでしょう。ただただ、人の健康や命を守りたいとするのも立派な価値観だといえるのではないでしょうか。医療現場で働く者にとっての理想像といえるのかもしれません。

高齢化の波が押し寄せている日本では、医師や薬剤師とともに、医療現場を守る看護師への期待は並々ならぬものがあります。医師からの強いプレッシャーや同僚との人間関係、患者や家族への対応など、看護師を取り巻く環境は、実に複雑です。あまりの激務に本人が知らず知らずのうちに精神不安や精神ストレスに苛まれるケースも多くなってきています。
医療現場で勤務することについては、人の命の現場であることを肝に銘じることが重要です。そういう意味では、一般的な会社員とは一線を画する職業です。
派手なパフォーマンスや立ち振る舞いは必要ありません。頑固なまでのプロ意識や使命感、責任感が要求されることになります。医療現場では、激務が続いています。長時間労働や残業時間の多さなどの問題がたびたびのように取り上げられています。ライフワークバランスや働き方改革の話題が一段と盛り上がりを見せています。多種多様な価値観が認められることが理想的です。看護の価値観には、正解があるわけではありません。看護師の様々な価値観を知り人は、こちらが参考になります→→https://diversevalues.com/